ジョンポールペットジャパン日本公式サイト
天然オーガニック成分によるラグジュアリーなペットケア

ジョンポールペット・スタイル

人工衛星、ロケットの開発のエキスパート 杉木光輝 ジョン・ポール・ペット独占インタビュー : Part 2

2013年10月16日|スタイル > 聞く

杉木光輝 –  Mitsuteru (Ted) Sugiki (先端技術研究所代表)

人工衛星、ロケットの開発・設計などの宇宙開発関連事業のエキスパート。長年の経験と高い技術力を武器に、 エンジニアとして、また実業家として、世界を舞台に活躍している。愛犬家でもある彼が、初めて「宇宙とペット」というテーマについて語る。

先端技術研究所ホームページ: http://www.ati-space.com/

 ♪  Part 1 からの続きです。 ♪ 

  ☮♥☺質問 3   

Q:動物の宇宙食についてお話頂けますか?

A:固形の宇宙食に変える必要があります。若干大きめの固形にですね。小さい粒状の食べ物だと浮遊して飛んでいく可能性があるので、固まった形の宇宙食にした方がいいです。ここでの問題は、また水の話しになりますが、人は水を吸って飲むことができますが、動物は水を舐め取る形になると思いますので、水が漏れて浮遊しないように、ここらへんの工夫が必要です。

  ☮♥☺質問 4   

Q:犬の宇宙服も必要になるのでしょうか?

A:宇宙服をつくることはできますが、あまり実用的ではないと思います。硬いし、中の空気もパンパンなので、小型犬の場合は身動きも自由に出来ないと思います。(笑)太陽が当たっているところは熱いし、当たっていないところは寒いので、宇宙服の中にはクーラーが入っていて全体を循環させるシステムになっています。宇宙服についている大きいパックには酸素や冷却システムが入っています。服自体がパンパンになっているので、体を曲げるにも力が要り、限られた動きしかできません。犬が着ると動きがとれず、ただ浮いている状態になるのではないかという気がします。

 

   ☮♥☺質問 5  

Q:宇宙ステーションでのペットの滞在環境についてお話し頂けますか?

A:宇宙ステーションには今まで魚やカエル等は連れていったことがあります。ただ、犬とかサルは今まで宇宙ステーションにいったことがないです。その理由は今輸送方法がないというのが現状です。今はソユーズしかなく犬やサルを乗せるには十分なスペースがありません。また、ソユーズやシャトルを打ち上げてから直ぐに宇宙ステーションの軌道に乗せることはできません。例えば、まずは100km程度の低いところまでソユーズやシャトルを飛ばして、徐々に軌道を上げて宇宙ステーションのある300kmのところまでもっていきドッキングさせます。ソユーズやシャトルの打ち上げから2、3日後にドッキングすることになります。

   ☮♥☺質問 6  

Q:いつか火星までいくとすれば、どのくらいの期間で旅をすることになりますか?
A:地球と火星の位置関係はいつも変わっています。火星に一番いけるチャンスというのは、2年に1回になります。もし、この時期に宇宙船が飛んでいた場合、火星までは大体8ヶ月の飛行です。でも、また戻ってくるには2年間待つ必要があり、2年間待ってから帰りにまた8ヶ月かかることになります。なので、往復に3年以上かかることになり、それなりの覚悟は必要でしょう。地球から火星まで一番距離が短い時は9,000万キロ離れていて、一番遠い時はそれの約3倍くらいの距離になるので、燃料も3倍要ります。1回行ったら3年間帰ってこないといく覚悟でやらなければなりません。(笑)月に行くのであれば、たったの4日でいけます。

   ☮♥☺質問 7  

Q:宇宙関連事業従事者としての今後の夢や実現したいことについてお話頂けますでしょうか?

A:私か今までロケットエンジン系の仕事をしてきました。私の昔からの夢は、いつか光以上の速い速度で飛べる技術を創り出すことでした。先ほど火星への移動まで8ヶ月はかかるとの話しをしましたが、直ぐにでも他のところに早くいけるシステムを作るのが私の夢でしたね。若い頃から、このことをずっと考えながら色々やってきたわけですが。(笑)今でもアメリカのNASAはこの研究を続けてきているし、このテーマを研究する人も多いです。光速を超えるとすれば、エンジンも相当大きくならないといけません。これを飛ばすことは大変ですが、将来的には実現されるのではないかと思います。この研究に自分が少しでもプラスになることを意識的にやってきたわけですが、いつかは光速を越えるエンジンをつくってみたいです。SF作家がよく書いていますね。スタートレックとかにも出てくるワープ(瞬間移動)とか。理論的には実現可能です。反物質とかも見つかったのですが、それをどう閉じ込めるかについては、まだその技術はないですね。こういった問題などをクリアしていけば、いつかはもっと面白い世界になってくると思います。

 

あなたが現状を変えられる唯一の人間だ。あなたの夢が何であれ、それを追いなさい。

You’re the only one who can make the difference. Whatever your dream is, go for it.
  
-  マジック・ジョンソン (Earvin “Magic” Johnson Jr)  -

 

Peace, Love and Happiness !

☮♥☺

 

Presented by JOHN PAUL PET JAPAN (ジョン・ポール・ペット・ジャパン)

 

 

商品ラインナップ

  • オートミールシャンプー
  • オートミールリンス
  • ティートリーシャンプー
  • しっとり
    モイスチャーシャンプー
  • スーパーブライトシャンプー
  • 目にしみない
    子犬・子猫用シャンプー
  • ウォータレスシャンプー
  • ボディー&足ウェットシート
  • アワプーチシャンプー
  • 歯&歯ぐきウェットシート