ジョンポールペットジャパン日本公式サイト
天然オーガニック成分によるラグジュアリーなペットケア

ジョンポールペット・スタイル

「水中の犬」のカリスマ写真家セス・キャスティール(Seth Casteel)のジョン・ポール・ペット独占インタビュー

2013年8月12日|スタイル > 聞く

♥ Seth Casttelのメディア未公開写真 & プライベート写真がインタビュー内容の下段に掲載されています。  ♥

☮♥☺質問1

Q (John Paul Pet) : 日本のペット産業や動物保護活動について知っていますか?

A (セス・キャスティール) : はい。知っています。日本の動物レスキューや里親探し活動のイメージ向上に、私がどのように貢献できるのかに興味を持っています。Yes, I do have an understanding; however, I’m very interested in learning more about how best I can help improve the image of rescue and adoption in Japan.)

☮♥☺質問2

Q (John Paul Pet) : 日本での動物保護活動について何かアドバイスがありますか?

A (セス・キャスティール) : 教育を最優先課題として位置づけて欲しいというのが私の考えです。また、多くの人がこの活動に参加するよう動機付けることも重要ですね。(My advice is to place education as the top priority. It’s also important to inspire people to be a part of this effort, rather than frighten them.)

☮♥☺質問3

Q (John Paul Pet) : より多くのペットが救える良いアイデアはないでしょうか?

A (セス・キャスティール) : ペットは喋れません。だからこそ私たちがペットの声になってあげる必要があります。ペットは私たちを信用しています。ペットのことを信じ、彼らが助けを求めるとき彼らの為に立ち上がる必要があります。( Our pets do not have a voice, so we must be their voice. They believe in us, so it is our duty to believe in them and fight them when they need our help. )

☮♥☺質問4

Q (John Paul Pet) : 「水中の犬」の写真を取り始めたきっかけは何でしょうか?

A (セス・キャスティール) : カリフォルニアでバスターという名前の犬(キャバリア・キングチャールズ・スパニエル)の写真を撮っていました。元々は陸での撮影のはずでしたが、バスターは大好きなテニスボールを追いかけて何度も何度もスイミング・プールの中に飛び込んだのです。「なんて格好なんだ !!」と思いましたね。私はソニーの水中カメラを買ってきて、スイミング・プールに戻りスナップショットを撮り始めました。この時の写真が「水中の犬」シリーズの始まりです。一連の写真が「犬って驚きだね!」という感覚を与えることになってくれればと思います。犬は私たちにインスピレーションを与えてくれます!(I was photographing a Cavalier King Charles Spaniel named Buster in his backyard in California. The photo shoot was meant to on-land, but Buster decided he would rather jump into the swimming pool over and over again in pursuit of his favorite tennis ball. I thought, “What does he look like!!”. I left, bought a Sony point-and-shoot underwater camera, returned to the pool and took a few snapshots. The resulting photographs were the beginning of the series of Underwater Dogs. It is my wish that the series of photos reminds us of just how extraordinary dogs are! They inspire us! )

☮♥☺質問5

Q (John Paul Pet) : ジョン・ポール・ペットと一緒に仕事をする前と後の印象について話して頂けますか?ジョン・ポール・ペットの製品に関してどう思われますか?

A (セス・キャスティール) : 私はここ数年間動物シェルターでボランティア活動をしています。シェルターのペットの写真を撮ったり、スタッフやボランティア参加者の為の写真テクニックのワークショップを開いたりしていました。私のこの経験を通しても、ペットを救える活動においてグルーミングがどれだけ重要で簡単に役に立つのか気づいていませんでした。ジョン・ポール・ペットの製品を紹介されたとき気づいたのです。里親探しの成功率を高める一つの要因はマーケティングです。ジョン・ポール・ペットの製品は、スタッフやボランティア活動者が簡単にグルーミングでき、気分良く素敵な外見に変身させられるので、里親探し活動も捗ります。また、グルーミングはより素敵な写真を撮るのにも役立ちます!(I’ve been volunteering at animal shelters for years, photographing shelter pets and also teaching workshops to staff and volunteers about how to take improved photos. Throughout my experience, it never occurred to me just how important grooming was in this effort, or how easy it could be to integrate into the mission to save pets. When I was introduced to JPP products, it all made sense. One of the keys to increased adoption rates is marketing. JPP products make it simple for staff and volunteers to groom pets, enabling them to look and feel better, resulting in further adoptions. The grooming also contributes to more successful photography! )

☮♥☺質問6

Q (John Paul Pet) : あなたの「美意識」について話して頂けますか?美容ケアやスキンケアについてですね。自分の美容ケアやペットの美容ケアは何をしていらっしゃいますか?

A (セス・キャスティール) : いい質問ですね!自分の場合は、(美容)ケアをし、バランスの取れた食事をし、ストイックに運動をしています。また、私の犬Nalaのためには、ジョン・ポール・ペット製品を使用し、45日ごとにプロによるグルーミングをさせています。(I like your questions! I believe in taking care of myself, and a balanced diet and a rigorous exercise routine. For my dog, Nala, I use JPP Products and also have her professionally groomed every 45 days. )

☮♥☺質問7

Q (John Paul Pet) : 写真撮影の対象は色々あると思いますが、あなたが「動物」にフォーカスを当てている特別な理由はありますか?また、将来的にトライしてみたい他の対象・トピックはありますか?

A (セス・キャスティール) : 動物の撮影は私のパッションです。また、私の宿命でもあります。これは私たちとペットが住んでいるこの世界をよりよいものへの変えていくための、私のやるべきタスクであり、特権でもあります。少しでもこれが成功できれば私は幸せだと思います。(Photographing animals is my passion, but also my destiny. I believe it is my task, and my privilege, to do all I can to make the world a better place for animals, and for us. If I can succeed just a tiny bit, I will feel happy.)

☮♥☺質問8

Q (John Paul Pet) : 動物保護活動を始めて一番幸せな思い出は何かありますでしょうか?また、その活動で一番悲しかった思い出も何かあるのでしょうか?

A (セス・キャスティール) : もっともハッピーな思い出は、2007年動物シェルターから私の犬Nalaを家族として受け入れた時でした。悲しい思い出はないです。私の活動で全てのペットを救えることはできませんでしたが、この努力が報われることについてはいつも非常に楽観的に考えています。My happiest memory is when I adopted my dog, Nala, from the animal shelter in 2007. I can’t think of any sad memories. Not all of the pets I have worked with have ultimately been saved, but I have to say that I am always very optimistic regarding this effort!)

 

CORALINE Olde English Bulldogge, 2 years  

BUSTER Cavalier King Charles Spaniel, 6 years

NEVADA & BARD Border Collie, 7 years

RHODA Dachshund, 7 years

DAGMAR Chesapeake Bay Retriever, 10 years

 

  

     

JOHNPAULPETJOHNPAULPETJOHNJOHNPAUL

Peace, Love and Happiness !

☮♥☺

 

Presented by JOHN PAUL PET JAPAN (ジョン・ポール・ペット・ジャパン)

商品ラインナップ

  • オートミールシャンプー
  • オートミールリンス
  • ティートリーシャンプー
  • 潤いリンスインシャンプー
  • スーパー輝きシャンプー
  • 目にしみない
    子犬・子猫用シャンプー
  • ウォーターレスシャンプー
  • ボディ&肉球ウェットシート
  • 携帯用 1枚入り ボディ&肉球ウェットシート
  • アワプーチシャンプー
  • 歯&歯ぐきウェットシート
  • アワプーチリンス
  • 携帯用 1枚入り 歯&歯ぐきウェットシート
  • 耳&目ウェットシート
  • 即効ディタングリング&
    ブラッシングスプレー
  • オートミールシャンプー
    (ミニサイズ)
  • ティートリーシャンプー
    (ミニサイズ)
  • 潤いリンスインシャンプー
    (ミニサイズ)
  • スーパー輝きシャンプー
    (ミニサイズ)
  • オートミールリンス
    (ミニサイズ)